【停滞期はこれで抜け出せ】有酸素運動なしでスルっと痩せる方法

どうも、片倉岳人です。

YouTubeでこんなコメントをいただきました。

自分のような肥満体型は標準体型近くまでは停滞期は来ないってのを目にしました。これって本当なのでしょうか?また、停滞期が来た時は消費カロリーを増やすために運動を増やさなきゃダメでしょうか?正直有酸素運動とかは半月板を痛めてるのでやりたくないです…。

結論から言うと、停滞期が来ないというのは嘘です。
肥満体型の人でも停滞期は普通に来ます。

ですが、停滞期を避けてスルッと痩せることは全然可能ですし、それには有酸素運動が必須というわけではないんです。

今回はその具体的な方法を紹介していきたいと思います。

停滞期が起こる原因

まずなぜ停滞期になってしまうのかを話していきます。

停滞期は文字通り「体重が停滞してしまう期間」のことを指しますが、原因はとてもシンプルで、主に次の2つが考えられます。

① 食事管理が甘くなる
② 基礎代謝量の低下
③ ①と②の両方

食事管理が甘くなる

ダイエットで一番モチベーションが高いのはダイエットを始めた時です。

やる気に満ち溢れていれば、好きな食べ物も我慢できるでしょうし、友人や上司からの誘いを断ることも難しくはありません。

ですが、人間は飽きる生き物です。

時間が経つにつれて、ゆっくりと、しかし着実に、ダイエットに対するモチベーションは下がっていくきます。

食事管理も徐々に甘くなり、
「今日くらい構わないよね」とドーナツを食べ、
「せっかく誘われたんだし」と居酒屋に足を運ぶようになるでしょう。

つまり、摂取カロリーが時間が経つにつれて増えていくわけです。

体重の増減は1日のカロリーバランス、つまり摂取カロリーと消費カロリーのバランスで決まるので、摂取カロリがー増えれば停滞期に突入するのも当然でしょう。

基礎代謝量の低下

何もせずにじっとしている時でも、人間の体は生命活動を維持するために、心拍や呼吸・体温の維持などを行なっています。
こららの活動で消費されるカロリーを基礎代謝量といいます。

そして、この基礎代謝量は年齢・性別が同じであれば体の表面積にほぼ比例することがわかっています。
分かりやすく言い換えると、痩せれば基礎代謝量は低下するということです。

つまり痩せれば痩せるほど1日に消費されるカロリー量も少なくなるので、摂取カロリーが一定なのであれば痩せづらくなってしまうわけですね。

肥満体型にも停滞期はやってくる

ここまで説明すれば「肥満体型は標準体型近くまでは停滞期は来ない」という説が間違っていることになんとなく気が付くと思います。

肥満・標準と体型は関係なく、同じように食事管理は甘くなりますし、痩せれば基礎代謝量は低下するわけですから。

もちろんボディビルダー が実践するような超ストイックな食事制限から始めれば、標準体型になるまで一度も停滞期が来ないということはありえます。

ですが、好きな食べ物を我慢するとか、飲み会に行かないようにするとか、
今の生活から大きく変わらない一般的なダイエットの範疇であれば、肥満体型の人でも停滞期はやってくるでしょう。

停滞期を脱出する2つの方法

では次に停滞期の具体的な対処法を話していきます。

方法は次の2つです。

① 食事内容を見直す
② 摂取カロリーを段階的に減らす

食事内容を見直す

まずは自分の食事内容を見直すようにしましょう。

先ほども話したように、停滞期の原因は食事管理が甘くなり食べ過ぎることなので、そこを修正する必要があります。

それまでの食事記録を振り返り問題点を発見・修正するようにしてください。

当たり前ですが食事の記録をしていないと問題点に気づきようがありません。
記録をしていないという人は、ノートにメモをするか、写真で撮影するようにしましょう。

摂取カロリーを段階的に減らす

先ほども話したように、痩せれば基礎代謝量は低下するので、摂取カロリーが一定なら停滞期は避けられません。

なので減少する基礎代謝量に合わせて、摂取カロリーも段階的に減らすようにしましょう。

体重と1日の総摂取カロリーを記録し、体重の変動に合わせて摂取カロリーを調整するようにしてください。
例)体重が落ちない→摂取カロリーを減らす→痩せる→最初に戻る

まとめ

それでは最後に今回の内容をまとめます。

・停滞期の原因は食事管理の甘さと基礎代謝量の低下
・肥満体型にも停滞期はやってくる

・有酸素運動なしで停滞期を避ける方法は次の2つ
 ① 食事内容の見直し
 ② 摂取カロリーを段階的に減らす

停滞期の主な原因はモチベーションの低下による食事管理の甘さと、痩せたことによる基礎代謝量の低下です。

原因に体型は関係ないので、肥満体型の人でも停滞期が来る可能性はあります。

質問者さんは有酸素運動に苦手意識があるようですが、運動をしなくても停滞期を脱出する方法はあります。

具体的には次の2つです。
① 食事内容を見直す
② 摂取カロリーを段階的に減らす

まずは今の食事内容を見直して問題点を発見・修正するようにしましょう。そして摂取カロリーを体重の変動に合わせて調整するようにしてください。

最後に補足しておくと、摂取カロリーを段階的に減らすといっても、さすがに限度はあります。
摂取カロリーを限界まで減らしても痩せないのであれば、残念ながら有酸素運動を追加せざるをえません。

まぁそれはある程度痩せた後の話で、標準・肥満体型の人は今回紹介した内容通りにやれば問題はないと思います。

停滞期になった時はぜひ参考にしてください。

片倉岳人のパーソナルトレーニング

東京都全13店舗で活動中。 予約枠には限りがございますので、ご予約を希望される方はお早めに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA