【太るまでの期間】食べ過ぎたものが脂肪に変わるまでのタイムリミットは〇〇です

どうも、片倉岳人です。

YouTubeでこんなコメントをいただきました。

食べ過ぎてもすぐに太らないのでしょうか?あわよくば何日迄なら食べ過ぎても大丈夫なのでしょうか…

結論から言うと、食べたものが体脂肪に変わるまでにタイムラグがあるのは事実です。
が、それは食べてから○日間はボーナスタイムだからいくら食べても太らない、という話ではありません。

今回は食事をしてから太るまでにどれくらい時間がかかるのかを解説していきたいと思います。

食べ過ぎてから太るまでの期間は?

口にした食べ物はそのままの状態ではエネルギーとして利用することができません。

まずは消化器官で吸収しやすい大きさに分解され、その後分解された栄養素が主に小腸によって吸収、様々な器官での利用・貯蔵が始まります。

そして食べ物が小腸を通過するまでにかかる時間は6~8時間と考えられているので、食べ物を口にしてから6~8時間で太る、と考えてよいでしょう。

まぁ太るといっても、時間が経ったら「ヨーイドン!」でいきなり脂肪が増える、というわけではないんですけどね。
あくまで「じわりじわりと太り始まる」ということです。

そして、食べてから太るまでの時間は6~8時間と聞くと、「じゃあその時間はいくら食べても太らないんだ」と考える人がいるんですが、それはありえません。

食べ過ぎは借金

これはクレジットカードに例えれば納得してもらえると思います。

4月にクレジットカードで1万円の買い物をしたら、5月に口座から1万円が引き落とされます。
つまり購入から実際の引き落としまで1ヶ月のタイムラグがあるわけですね。

でもこれを聞いて、「1ヶ月はいくら買い物をしても1万円しか引き落とされない」とは考えませんよね?

買い物に費やした期間が1週間だろうが1ヶ月だろうが、10万円の買い物をすれば10万円を支払わなければなならない。
というのは誰もが納得するところだと思います。

食べ過ぎもこれと一緒です。
太るかどうかは期間ではなく食事量で決まるので、何時間だろうが何日だろうが、食べ過ぎたなら食べ過ぎた分だけ太ります。

いつもの2倍食べたなら、太るリスクも2倍。
食べ過ぎたツケはどこかで支払う必要があるんです。

食べても太らない期間、というのは理想論であって、現実的にはありえません。
何日迄なら食べ過ぎても大丈夫、という発想は捨てましょう。

食べ過ぎても太らないためには

一応補足しておきますが、これは食べ過ぎたら必ず太る、取り返しがつかないという意味ではありません。
例えば500kcal食べ過ぎたら、どこかで500kcal分食事を我慢するか、500kcal分運動をすれば太ることはありません。

つまり食べ過ぎた分をどこかで調整すれば問題ないんです。

普段から自分の食事や運動内容を正確に記録するようにして、食べ過ぎてしまった時はそこでオーバーした分の食事量を抑えるか、ウォーキング・ジョギングなど有酸素運運動をするようにしてください。

まとめ

それでは最後に今回の内容をまとめます。

・食べ過ぎてもすぐには太らない
・短時間なら食べ過ぎても太らないは嘘
・太りたくないなら食べ過ぎた分を調整すること

「食べ過ぎてもすぐに太らない」というのは事実です。
栄養が吸収されるのは時間がかかるので、数時間のタイムラグはあります。

ですがそれは短時間なら食べ過ぎても太らないという意味ではないんです。
あくまで栄養吸収までのタイムラグなので、食べ過ぎたツケはどこかで支払う必要があります。

なので太りたくない人は、食べ過ぎた分食事量を抑えるか運動量を増やすようにしましょう。
食べ過ぎた分のカロリー分を調整できれば太ることはありません。

「食べ過ぎても太らない期間」のように、自分の行動以外に期待するのは時間の無駄です。
食べ過ぎるのも自分で、それを取り返すのも自分ですから。

ダイエットは全て自分次第です。
まずは自分に期待して自分が頑張るようにしましょう。

片倉岳人のパーソナルトレーニング

東京都全13店舗で活動中。 予約枠には限りがございますので、ご予約を希望される方はお早めに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA